AGAルネッサンスクリニックのARTAS植毛を徹底比較


AGAルネッサンスクリニックのARTAS植毛を徹底比較

FUE法やストリップ法ってどんな自毛植毛なの?

自毛植毛の種類として、良く適用されているのがFUE法やストリップ法です。従来の植毛のために頭皮を切除する方法がストリップ法であり、切らない方法として主流だったのがFUE法となります。どちらも、良く利用されていましたが、デメリットも指摘されてきました。

 

 

ストリップ法は最も一般的な自毛植毛方法です。健康な毛髪を頭皮ごと広範囲に切除し、採取した帯状の組織からドナーを採取します。採取した患部は縫合して傷が早く治りやすいように外科的な治療を行います。

 

 

FUE法は帯状にドナーを採取するストリップ法とは異なり、毛包単位でパンチを使って、人の手でドナーを採取する方法です。一つ一つの毛包を丁寧に採取できますので、生着率を高め、薄毛治療の高い効果を期待できます。その反面、医師の高いスキルが求められます。

 

 

ストリップ法とARTAS植毛を比較

 

従来のストリップ法に対して、ARTAS植毛は傷口をより少なく、自毛植毛を行う事ができます。何故なら、ARTAS植毛では、帯状の組織採取を行わず、ロボットと最先端の採取器具によって一つ一つ正確に採取することができるからです。

 

 

ストリップ法は採取時に広範囲に頭皮を切除することから、傷跡が強く残りやすい施術方法でした。ただし、一度に多くのドナーを採取できるため、施術本数が多く、薄毛の改善効果は高かったわけです。

 

 

ARTAS植毛はコンピューターシステムを使い、一つ一つの毛包を正確に採取します。コンピューター管理のため、作業もかなりスピーディーです。1時間当たりの施術本数は500本以上とされ、従来のストリップ法とそん色ない効率で施術を受ける事ができます。かつ一つ一つ切らずにドナーを採取するため、傷跡の縫合も必要なく、数日で採取部の傷跡はほとんど目立たなくなります。

 

 

FUE法とARTAS植毛を比較

 

FUE法もARTAS植毛も一つ一つのドナーを採取する切らない自毛植毛方法ですが、採取する本数が格段に違います。人の手で行うFUE法は医師の高いスキルが求められ、かつ採取速度には限界があるのに対して、ARTAS植毛ではCCDカメラで正確に状況を把握しつつ、スピーディーに毛包を採取します。

 

 

FUE法はパンチを使ってドナーを毛包毎に採取する切らない自毛植毛方法です。傷跡は残りにくいのですが、施術本数が少なく、一度に薄毛治療に対しての効果は低いです。また、採取する医師のスキルによって治療効果や時間が左右され、安定した生着率は期待できませんでした。

 

 

ARTAS植毛はロボットアームとニードルシステムで正確に、かつスピーディーに施術が行えます。FUE法は1時間に60〜200本の採取が限界ですが、ARTAS植毛では500本以上の採取が可能です。毛根の向きもCCDカメラで把握して発毛状況に合わせて採取するので、最良のドナーを移植できます。

ルネッサンスクリニックの公式サイトへ

ルネッサンス_イケメン系