AGAルネッサンスクリニックでの痛みやショックロスは?


AGAルネッサンスクリニックでの痛みやショックロスは?

AGAルネッサンスクリニックの痛みに対する工夫とは?

自毛植毛は、頭皮から健康的な毛包を切除し、別の位置に植毛する整形外科的な施術です。施術中は当然痛みを伴いますが、AGAルネッサンスクリニックでは麻酔技術と医師の気づかいによって、施術中の痛みを和らげる工夫をしています。

 

 

麻酔は部分麻酔となります。やはり最初に頭皮に打つ麻酔注射は痛みを避ける事はできませんが、注射後は痛みを感じる事はほとんどありません。ただし、麻酔注射には個人差があります。AGAルネッサンスクリニックでは、施術中にドクターが痛みの配慮をするなど、適度な会話をしながら施術を進めてくれるのです。

 

 

麻酔と声かけ。二つの安心があり、多くの患者は施術中に過度な痛みを感じることなく自毛植毛を終えています。

 

 

AGAルネッサンスクリニックのARTAS植毛なら施術後も痛くない?

 

AGAルネッサンスクリニックは、ARTAS植毛においては世界で最も症例数の多いクリニックです。AGAルネッサンスクリニックでARTAS植毛の希望者が集中している理由は、施術中の工夫と施術後の痛みや傷の回復に対してメリットがあるからなのです。

 

 

AGAルネッサンスクリニックのARTAS植毛では、毛包をより的確に採取するために、4台のCCDカメラでの画像解析と、毛包に合わせた0.1mm単位の採取器具の調整を行っています。今までのFUE法とは異なり、傷口を最小限にしているのです。

 

 

また、植毛時は頭皮を引っ張って傷口を最小限にするテンショナーシステムを導入しています。結果、小さい傷で自毛植毛ができるため、施術後の痛みを軽減できるのです。傷が治る間の施術後のダウンタイムも1週間程度と短期間です。自毛植毛後の痛みを気にすることなく、生活を送る事ができるのです。

 

 

AGAルネッサンスクリニック施術後のショックロスは?

 

自毛植毛施術の失敗例の一つとして挙げられるショックロス。AGAルネッサンスクリニックでは、長年現場で施術を行っている長井医師が、ショックロスを避けるための工夫について語っています。

 

 

自毛植毛施術後1ヶ月程度で出現するとされているショックロスは、植毛した周辺の健康的な毛髪が抜け落ちてしまう症状です。せっかく自毛植毛をしたのに、他の毛髪が抜けてまっては意味がありません。長井医師は、植毛によって周辺の毛根に影響を与えないよう独自のテクニックで慎重に行っているとのことでした。

 

 

ショックロスは担当する医師のスキルや植毛時の配慮によって結果が大きく変わります。症例数の多いクリニックであれば、自毛植毛の失敗の確率を下げることができ、コストに見合った効果を得られます。

ルネッサンスクリニックの公式サイトへ

ルネッサンス_イケメン系