AGAルネッサンスクリニックなら傷跡が残らない理由


AGAルネッサンスクリニックなら傷跡が残らない理由

自毛植毛後に傷跡が残ってしまう理由とは?

自毛植毛とは自分の毛髪を薄毛のエリアに植え替える治療法です。従来の自毛植毛では健康な毛髪を採取する際に、広範囲に広く採取することから、施術後に大きな傷跡が残ってしまいました。

 

 

一般的な自毛植毛はFUT法で行われます。施術時間も短くでき、比較的多くのドナーを採取でき、埋め込めるからです。ドナーの採取には帯状に頭皮を採取し、毛包単位でドナーわけを行います。一度に多くの毛包を採取できますが、大きな傷跡を残してしまいます。

 

 

そこで注目されているのがFUE法です。毛包を一つ一つパンチでくり抜いてドナーを採取するので、傷跡は点に近くなります。ただし、採取効率が非常に悪く、一度の施術時間も長く、植毛の本数少なく、かつ費用が高くなります。ただし、AGAルネッサンスクリニックでは、これらのデメリットを解消する工夫をしているのです。

 

 

なぜAGAルネッサンスクリニックなら傷跡が残らないの?

 

AGAルネッサンスクリニックでは、ARTAS植毛というドナー採取用のロボットを導入しているので、大きな傷跡を残さずに自毛植毛を行う事ができます。ARTAS植毛はFUE法の一つですが、採取時の器具に独自の工夫を行っており、パンチを空けた時の皮膚への影響を最小限にとどめる事ができるのです。

 

 

AGAルネッサンスクリニックが導入しているARTAS植毛は特殊な採取器具を使用しており、二段階の操作で毛根を傷つけずに、最小の傷跡でドナーを採取します。4台のCCDカメラで人の手より正確にドナーを採取することができ、かつ迅速に行えます。FUE法のデメリットである、施術時間や施術本数の問題もARTAS植毛なら解決できるわけです。

 

 

AGAルネッサンスクリニックの良さは、単にドナー採取の機械の工夫だけにはとどまりません。採取から植毛まで、トータルのシステムが高いレベルで確立しているからこそ、傷跡を残さずに自毛植毛を受ける事ができるのです。

 

 

AGAルネッサンスクリニックの施術システムとは?

 

AGAルネッサンスクリニックが行っている傷跡を残さないように行う自毛植毛の施術システムは、大きく二つに分けられます。一つはARTAS植毛によるドナー採取及びニードルシステム、もう一つはテンショナーシステムを活用したスリット法による植毛を行っている点です。二つのシステムによって傷跡を最小限に、周囲にもばれにくい、自然に近い自毛植毛を受ける事ができます。

 

 

ニードルシステムはARTAS植毛によるドナー採取時に二段階の動作を行う特殊な採取器具を使っている点です。毛包の大きさに合わせて0.1mm単位の器具の使い分けを行っています。傷跡は点に近くなり、数日後にはほとんど目立たなくなります。また、植毛方法においては、頭皮をひっぱり移植の穴であるスリットを空けます。頭皮を引っ張って穴をあけるため、施術後は穴がふさがりやすく、傷跡が目立たなくなるわけです。

ルネッサンスクリニックの公式サイトへ

ルネッサンス_イケメン系