AGAルネッサンスクリニックの施術後のアフターフォローは?


AGAルネッサンスクリニックの施術後のアフターフォローは?

一番傷跡が残らないAGAルネッサンスクリニックの施術は?

切らない自毛植毛の方法として、AGAルネッサンスクリニックのARTAS植毛が、一番傷跡が残りにくい施術方法です。その理由は、切らないFUE法を発展させた方法であり、一つ一つの毛包を帯状に採取するのではなく、ロボットが一つ一つ採取するからです。

 

 

自毛植毛で大きく傷跡が残る原因は、ストリップ法によって帯状にドナーを採取し、縫合するからです。周囲の毛髪が伸びてきても、傷跡を消す事はできません。それに対して切らないFUE法が注目されていますが、人の手でドナーを採取するため、施術に時間がかかっていました。

 

 

AGAルネッサンスクリニックのARTAS植毛なら、ロボットでドナーを採取するため、施術時間を短縮することができます。傷跡も少しは残りますが、点状となります。小さな傷跡なので、施術後も他のクリニックと比較しても早く傷が隠れます。

 

 

AGAルネッサンスクリニックのARTAS植毛なら傷跡はいつ治るの?

 

ARTAS植毛なら一つ一つの毛包を採取するので、傷跡は点状に移植本数分が残ることになります。傷跡はダウンタイム3日から4日程度でほとんど目立たなくなります。ストリップ法のように帯状にドナーを採取して、縫合するため、大きな傷跡が残ってしまいましたが、ARTAS植毛なら点状に傷が出現する程度で、帯状の縫合跡に比べて格段に傷跡を小さく、目立たなくすることができます。

 

 

AGAルネッサンスクリニックのARTAS植毛なら、施術後に残る点状に傷跡も、ダウンタイム終了後にはかなり目立たなくなります。施術後1ヶ月もたてば、周囲の毛髪も伸びてくる為、自毛植毛を行ったとは思えないくらいに自然な状態に近くなるのです。

 

 

ARTAS植毛に加えて、テンショナーシステムによって、頭皮を伸ばしながらスリットを入れ、ドナーを移植していくため、移植後の毛根付近の傷跡も目立たないよう工夫がなされます。自毛植毛施術後であっても、大げさに周囲にバレることは避ける事ができるのです。

 

 

AGAルネッサンスクリニックのアフターフォローは?

 

AGAルネッサンスクリニックのアフターフォローとしては、ARTAS植毛による自毛植毛を行う事が、結果的に傷跡の残りにくくするアフターフォローも兼ねている点、テンショナーシステムによって移植後の毛根周辺の赤みも軽減できる点、それに必要に応じてヘアーシートを設置してくれますので、周辺の毛髪が伸びてくるまで、傷跡や施術による影響を目立たなくすることができる点にあります。

 

 

 

一つ一つ丁寧に毛包を採取するため、傷跡は小さな点になります。大きな傷跡をつけない分、施術後の経過も良好になります。また、いくらARTAS植毛が万能といっても、ドナー採取付近の毛髪を刈り上げる必要があります。髪の毛が短い患者には、術後のアフターフォローとして周囲に変化がバレないようヘアーシートで刈り上げ部分を隠してくれるので、施術の影響を最小限に抑えることができます。

ルネッサンスクリニックの公式サイトへ

ルネッサンス_イケメン系